無線LANの速度が遅い?

多くの家庭に設置されている無線LANアクセスポイント。



PCやスマートフォン、テレビにプリンター。

いろいろな機器に接続しインターネットのサービスを利用している家庭が多くなっています。



LTE通信と違い定額制・通信が安定しているなどLTE通信とは違うところもあります。

無線LANは有線LANと比べると無線なのでケーブルが邪魔にならない、スマートフォンでもインターネットに接続することができるなどのメリットがありますが通信速度が遅くなるというデメリットに加え通信が安定しないということが起こります。
その原因にはアクセスポイントと機器の距離が遠い・障害物があるや、電子レンジやコードレス電話と電波干渉が起きているなどあります。


それを解消するためには無線LAN中継器を使用する、周波数を5Ghz帯に変え2.4Ghz帯との干渉を避けるといった方法で通信の安定性に加え速度の向上が見込めます。

利用する時間帯、契約するプロバイダや多くの家が密集するベッドタウンなどでは同じ回線を使っている家庭が増えてしまうため、通信速度が遅くなる場合があります。



このように多くの要因で通信速度は変化します。
それを解消するために有線LANを使用してみたり中継器の導入や回線の変更などしても良くならない場合がありますが、アクセスポイントの不具合が原因だった場合はルーターのファームウェアをアップデートしてみたりルーターを買い替えてみるとよくなったりもします。